AIと契約web~ 離婚協議書 作成サイト~ は、法律専門家のネットワークによって蓄積されたデータベースからAIにより契約書が無料で自動作成・ダウンロードできるウェブサイトです。

クリックして離婚協議書を作成!

 AIと契約web~ 離婚協議書 作成サイトとは

離婚協議書 をAIが作成

WEBでの相談が最も多い離婚問題について
離婚協議書 をAIがカンタンに作成して・ダウンロードできます。

無料・アカウント登録不要 スマホ、パソコン、どちらでも、無料でダウンロードできます。
養育費・慰謝料 の適正額までも自動でリコメンドされるのは、当サイトだけ。

クリックして離婚協議書を作成!

離婚届 を役所に提出する前に 離婚協議書 も作成しましょう。

離婚届の前に 離婚協議書

離婚届を提出する前に、様々な条件を合意する書面が離婚協議書です。これには、財産分与、養育費、子どもの親権、慰謝料、お互いの責任と権利など、離婚に関連する様々な事項が含まれます。この協議書は、離婚後の双方の生活をスムーズに進めるための重要な基盤となります。

離婚協議書自動作成サイト 愛と契約web は、離婚専門家のノウハウを集積した、適切な離婚協議書が自動で作成される便利なサイトです。

離婚届を出す前に 離婚したい と思って相談して、解決に至るまで、弁護士など 離婚専門家 に相談すると数十万円の費用がかかってしまいます。お金を払っても専門家の能力はピンキリなのが現実でもあります。あなたや配偶者の状況をよくわかっているのはあなた自身です。まずは、離婚協議書自動作成サイト 愛と契約web で離婚協議書を自動作成してしまってはいかがでしょうか。相談は離婚についてもAIにまかせる、今はそんな時代です。

離婚協議書サンプル やテンプレートをダウンロードできるサイトはあまたあれど、個別の事情を反映した 離婚協議書 PDF をダウンロードできるのは、離婚協議書自動作成サイト 愛と契約web です。スマホ でも簡単に入力できます。

 

クリックして離婚協議書を作成!


利用方法がわからない場合
画面右下のチャットウィンドウから
お知らせください

離婚協議書 作成方法

いくつかの項目を入力していただくことで 離婚協議書 が作成できます。

離婚協議書 作成 時 の入力事項

  • あなたのお名前・生年月日・住所
  • 配偶者(夫/妻)のお名前・生年月日
  • ご夫婦の年収 
  • お子様の有無、(有りの場合)お子様のお名前・生年月日・親権者・ 面会交流 の頻度
  • 離婚理由 (どちらが有責配偶者であるか。どちらにも非が無い場合もあり、その場合は 慰謝料 が発生しません。)
  • 夫婦の共有財産(不動産・車・ほか)、財産分与の方針

離婚協議書 ダウンロード

上記必要項目を入力すると、ワンクリックで 離婚協議書 がPDFにてダウンロードできます。面倒な会員登録やログインの必要はございません。スマホでも簡単に入力できます。

ダウンロードした 離婚協議書 に双方で署名捺印すれば、 離婚届 提出もスムーズです。

離婚協議書サンプル やテンプレートをダウンロードできるサイトはあまたあれど、個別の事情を反映した 離婚協議書PDF をダウンロードできるのは、離婚協議書自動作成サイト 愛と契約web です。 離婚協議書の書き方をあなたが考える必要もなく、離婚協議書自動作成サイト 愛と契約web で ダウンロードした離婚協議書 はそのまま利用できます。

以下の事項が 離婚協議書には盛り込まれます。

  • 子どもの親権者
  • 養育費
  • 面会交流の頻度
  • 慰謝料
  • 財産分与

※ 養育費の算出については、最高裁判所「養育費・婚姻費用算定表」を根拠としております。

他にも、離婚協議書 作成サイトはありますが、養育費・慰謝料 の適正額までも自動でリコメンドされるのは、当サイトだけです。

クリックして離婚協議書を作成!

離婚協議書サンプル

自動作成される 離婚協議書 を参考に貼り付けておきます。

離婚協議書 サンプル
離婚協議書 サンプル

公正証書 にして養育費などの履行を確実にするために、 離婚専門家 である 離婚弁護士 ・ 離婚行政書士 にご依頼いただく方のために、専門家報酬の見積取得サービスもございます。 離婚専門家 からの報酬見積もりに際しては、離婚協議書自動作成サイト 愛と契約web でダウンロードした 離婚協議書 も共有できるためあなたにとってスムーズな対応となり、その結果、 離婚専門家 の報酬を大幅に安く提供することを可能にしています。

クリックして離婚協議書を作成!

ご不明な点がございましたら
画面右下のチャットウィンドウから
お知らせください

 

離婚の進め方

離婚とは?

離婚 3つの方法

離婚する方法としては

  • (夫婦だけで行うことのできる) 協議離婚
  • (家庭裁判所で行う) 調停離婚
  • (家庭裁判所で行う) 判決離婚

が主なものとなります。

これら3つの離婚方法のうち、早く簡単な手続ですすめられる協議離婚が、これまで最も多くの夫婦に選択されています。

協議離婚 メリット

協議離婚では裁判所が関与しません。
協議離婚は、スピード感をもって離婚できることが一番のメリットです。

協議離婚 デメリット

裁判所が関与した文書は、公文書として執行力を備えます。
協議離婚では夫婦の取り決めは公文書でなく執行力を伴わないことです。

クリックして離婚協議書を作成!

離婚協議書 公正証書

離婚協議書を公正証書にする意義

協議離婚でも、離婚協議書を公正証書にしておくと、夫婦の取り決めのうち金銭の支払いについては、裁判所で作成する書面と同等の執行力を備えることができます。

たとえば、養育費の支払い約束を離婚公正証書にしておくと、養育費を支払う義務者側が滞納して養育費が支払われなくなったとき、強制執行で養育費を回収できることもあります。支払い義務者が会社に勤務しているときは、給与の支払側となる会社を通じて給与の一定範囲への差し押さえが可能になります。

公正証書において約束したお金を支払わないと、裁判手続をしないでも、支払い義務者側の財産を差し押さえる強制執行をすることができます。公正証書にしておくことで結果として、支払いの履行される安全性が高くなります。養育費や慰謝料分割金を支払う離婚協議内容であれば、公正証書を利用したほうがよいでしょう。

クリックして離婚協議書を作成!

強制執行できる公正証書を作成するための注意点

●一定の金銭を支払うことを約束する離婚公正証書であること
「養育費として毎月末日までに金3万円を支払う。」というように、一定の金額を期限までに支払うことを公正証書に明記します。

●金額・期限を明確にすること
養育費の条件では、開始と終了の時期、毎月の支払期日、金額を明確に定めておかなければなりません。契約公正証書に記載する文面から支払う金額の分かることが必要です。

たとえば、給与の10%とか六分の一とかの割合で定めたとしても、契約として有効ですが、これでは契約公正証書から金額が分かりませんので、強制執行の対象になりません。

●執行認諾文言が離婚公正証書にあること
「金銭債務を履行しないときは直ちに強制執行に服する」として、離婚公正証書で約束した金額の支払いを遅滞したときには直ちに強制執行されることを承諾していることが離婚公正証書に必要となります。

公正証書契約には難しい面もあり、公正証書を作成すれば安心であるとは言えません。

クリックして離婚協議書を作成!

公正証書 とは?

法務大臣が任命した公証人が作成する契約書を公正証書といいます。
公証人が配置される役場のことを公証役場といいます。
公証人は、法務省出身の裁判官、検察官、法務局長のOBであるため、すべて法律実務の専門家になります。

公証役場はどこにある?

公証役場は全国にあります。東京などの人口の多いところには、多くの公証役場があります。どこの公証役場でも離婚公正証書を作成できます。

ただし、公正証書に基づく強制執行の手続きが必要となるときは、離婚公正証書を作成した公証役場が近くにある方が便利であるため、近くの公証役場で公正証書を作成することが一般的です。

特別の理由がなければ、近くにある公証役場で離婚公正証書をつくられるのが良いでしょう。

公証役場の一覧

離婚協議書 公正証書 作成の流れ

離婚協議書を公正証書にするおおまかな流れは以下のようになります。

  1. 公証証書にするための必要書類用意
    離婚協議書
    戸籍謄本(夫婦双方のもの)
    印鑑証明/実印(夫婦双方のもの)
    身分証明書(運転免許証・マイナンバーカードなど)

  2. 公正役場の公証人と面談をする離婚協議書をもって公証人と面談
    必要な書類を持って、夫婦の一方が面談に向かえば問題ありません。

  3. 公正証書の原案作成
    夫婦で公正証書の原案を確認し、問題がなければそのまま実際の作成に移ります。

  4. 公正証書の作成
    作成当日に印鑑を持参して公証役場へ向かいます。費用は当日に「現金」で支払うのが原則です。

 

弁護士・行政書士といった離婚専門家に公正証書作成を依頼すると、2.3.の手続は代行してもらえます。

クリックして離婚協議書を作成!

離婚届 提出への流れ

離婚を決意する

離婚をするときは一時の感情だけで決めるのではなく、ご自身の将来やお子さまの状況を熟慮した上で、本当に離婚するかどうかご検討ください。

 

離婚意思を配偶者に伝える

離婚を決意したら、配偶者に離婚の意思を配偶者に伝えます。

スムーズな離婚のためには、離婚を切り出すタイミングが重要です。

配偶者が不倫をしている「有責配偶者」であれば、その証拠を手に入れておけば、慰謝料などで離婚を優位に運ぶことができるでしょう。
浮気の証拠がなければ、配偶者は離婚に応じないこともあるでしょう。

養育費や財産分与についても、配偶者の収入および資産をできるだけ正確に把握しておかなければ、損をしてしまうこともあるでしょう。

お子さまがいらっしゃる場合には、お子さまの入学、卒業、受験などのライフイベントにも配慮したうえで離婚される方も多いです。

 

親権・財産分与・慰謝料・養育費について話しあう(協議離婚)

親権者を、お子さまがいらっしゃる場合、離婚の際に必ず決定することになります。

子どもを実際に見守り、教育する権利と、子供の財産を代理で管理する権利をまとめて親権と呼びます。
この二つの権利は、同時に子どもに対する親権者の義務でもあります。

親権者を定めない限り、離婚はできません。
日本では、この時点では「共同親権」は設定できません。


面会交流権が、親権を持たない側にありまして、子どもと会う頻度を離婚時に決めておくことができます。
とはいえ、離婚した夫婦が面会交流を設定するのはストレスもあるかと思います。

面会交流を支援する面会交流支援団体とは


財産分与とは、夫婦が婚姻中に協力して築いた財産を、分け合うすることです。

夫婦であったときに手に入れた、預貯金・動産・不動産などをすべて、基本的には公平に分配します。 財産分与をする際の注意点としては、下記の二点があります。
離婚協議書作成サイト「AIと契約web」では、
夫婦の財産情報を入力することで
自動的に配分します。
ご活用ください。

クリックして離婚協議書を作成!

 

慰謝料を、不倫やDVなどによって、どちらかが一方的に苦痛を受けた場合に、請求できます。

不貞行為の場合の目安としては50万円~300万円程度が相場と言われています。
離婚協議書作成サイト「AIと契約web」では、
夫婦の状況から自動的に金額を推奨しています。
もちろん、それぞれのお気持ちも踏まえてご自身で決定されることを優先してください。

クリックして離婚協議書を作成!


養育費は、子どもが社会的に自立するまでに必要とされる費用のことです。養育費の金額には、裁判所が公表する養育費算定表という客観的な指標があります。互いの年収を養育費算定表に当てはめますと、その夫婦における養育費の目安となる金額が分かります。

離婚協議書作成サイト「AIと契約web」では、
養育費算定表をベースに金額を自動出力しまして
子どもが大学4年生の3月になるまでの養育費支払額・時期をお示ししております。
ご活用ください。

クリックして離婚協議書を作成!

 

当事者間で話がまとまらない場合は弁護士・調停離婚・裁判で決める

離婚は原則当事者間で話し合いが行なわれますが、意見がまとまらない場合は弁護士に協議の代理人を依頼したり、調停、もしくは裁判を申し立てることになるため、離婚成立まで1年~2年かかることも珍しくありません。


画面右下のチャットウィンドウからご相談ください

弁護士にはそれぞれ得意な分野、不得意な分野がありますが、この方法であれば、特に離婚問題に力を入れている弁護士を探すことが可能です。

 

新生活の準備

離婚協議を進めると同時に、新生活の準備もしておかなければいけません。

家を出て行く場合は新居を探したり、現在専業主婦の場合は就職先を見つけて収入源を確保しておくことになるでしょう。

 

離婚届を用意して役所に提出

全ての話し合いが終わったら、当事者の「名前」「住所」「本籍」「子供の氏名」など必要事項を離婚届に記入して役所の戸籍課に提出します。

離婚後に旧姓に戻ることで、子供や仕事への良くない影響が考えられる場合、婚姻中の姓を続けて名乗ることもできます。
また、自身は旧姓に戻る場合においても、子供には元の姓を使わせることも可能です。

離婚前後のシングルマザー・シングルファザーを支援するための補助制度は各自治体に準備されていますので、自治体の窓口で相談なさってください。

養育費確保でひとり親家庭の子どもたちを支えるのも自治体の離婚支援

クリックして離婚協議書を作成!

離婚届 ダウンロード・提出

離婚協議書 の作成が完了しましたら、お住まい、もしくは、本籍地の自治体の役所に離婚届を提出します。

夫婦そろって離婚届を提出するのも気まずいものですから、どちらかが役所に向かうことになるでしょう。

離婚届 は事前に持っていて双方で署名することになります。いまは自治体のホームページで 離婚届 ダウンロードできます。スマホ でも 離婚届 ダウンロード、そして、コンビニで印刷することもできます。自宅にプリンターがなくても、 離婚届 ダウンロード で入手できます。

離婚協議書作成サイト「AIと契約web」では、離婚届の自動作成には、現状未対応です。申し訳ございません。

代わりに、離婚協議書のPDFデータ を貼り付けておきます。(横浜市役所から転載)

 

離婚届 スマホ ダウンロード
離婚届 スマホ ダウンロード

離婚届

なお、離婚協議書には次にような注意事項が記載されています。

父母が離婚するときは、面会交流や養育費の分担など子の監護に必要な事項についても父母の協議で定めることとされています。
この場合には、子の利益を最も優先して考えなければならないこととされています。
・未成年の子がいる場合は、次の□のあてはまるものにしるしをつけてください。
  □面会交流について取決めをしている。       
  □まだ決めていない。
・経済的に自立していない子(未成年の子に限られません)がいる場合は、次の□のあてはまるものにしるしをつけてください
 □養育費の分担について取決めをしている。
   取決め方法:(□公正証書 □それ以外)
 □まだ決めていない。

つまり、離婚協議書作成 によって、面会交流・養育費 の取り決めをなすことを政府が推奨しています。

ぜひ、離婚協議書作成サイト「AIと契約web」を活用して、面会交流・養育費 を取り決める 離婚協議書 作成しましょう。

クリックして離婚協議書を作成!

 

離婚協議書 作成 に関するよくあるご質問

離婚協議書の作り方

ご指摘の通り、2022年施行の民法改正により、成人年齢は18歳であり、18歳を過ぎると親権はありません。 AIと契約webでは、18歳以上の子どもにも親権が設定できるようになっております。 実際に文書化される際には適宜削除など調整してください。 長男・長女といった続柄にもズレが生じております。 なお、養育費は22歳になる年度の3月末まで発生する設定にしております。 クリックして離婚協議書を作成!

AIと契約webでは、財産分与は
便宜的に共有財産を夫婦のどちらかが所有していることにして、
金融資産、不動産、車などの評価額を入力していただき、
半分ずつ分配する計算を行っています。
自動作成された離婚協議書においては
所有者から配偶者へ半分を支払うものと記載されます。

もちろん、財産分与の方法は当事者がご判断いただくものです。
専門家をご紹介いたしまして、
有償にて財産分与について相談させていただくことも出来ます。
必要でしたら、お知らせくださいませ。

クリックして離婚協議書を作成!

住宅ローンを債務者である夫婦の事情で分割することはできません。離婚しても二人で返済の責任を負います。

離婚した後に、返済の責任を二人で負うことに難しさはあります。一部繰り上げ返済して、単独債務に切り替えるなど、債権者である銀行にご相談されることをおすすめします。

クリックして離婚協議書を作成!

共有財産を一括管理されている妻から夫に半分を譲渡するのが一般的です。当サイトでも、基本はそのように設定しています。

クリックして離婚協議書を作成!

離婚誓約書とは、離婚協議書のことだと思われます。当サイトにて必要事項を入力していただければ、離婚協議書が完成します。

クリックして離婚協議書を作成!

配偶者の年収がわからなければ、養育費の計算ができません。
配偶者の年収(額面)を直接聞いてもらう、
給与明細、源泉徴収票、課税証明書などを参考にする。
といった方法で年収を確定しましょう。
その上で、配偶者から実際の年収を反論されたら、証拠を示してもらうなど交渉しましょう。

クリックして離婚協議書を作成!

離婚の話し合いに向けての財産分与、親権については、当サイトにて必要事項を入力してください。離婚協議書が完成します。

クリックして離婚協議書を作成!

離婚協議書は夫婦の約束事を書面にしたものであり、有効な当事者間の約束です。

養育費や慰謝料が支払われない場合は、まずは元配偶者に約束を守るよう催促をしてみましょう。それでも約束が守られない場合は、裁判所に訴訟提起をする必要があります。

離婚協議書が公正証書の場合は裁判することなく、強制執行することができます

クリックして離婚協議書を作成!

 

参考記事:離婚協議書 が守られない時の対処法:法的手段と実践アドバイス

当サイトで離婚協議書を自動作成するに際して、必要事項を示してまいります。入力していただければ、離婚協議書が完成します。

クリックして離婚協議書を作成!

AIと契約webでは、養育費の金額をご夫婦の年収、および、お子様の年齢から自動的に算出して表示することが出来ます。

もちろん、養育費の金額は当事者が協議して決定するものです。

ご夫婦で決定した金額を入力していただくことも出来ます。
直接入力なさってください。

クリックして離婚協議書を作成!

離婚協議にあたって

不動産の財産分与について詳細に解説しております。法的基礎から不動産分与、税金の問題、協議書の作成方法まで詳細な情報を提供しております。

参考記事:離婚時の 財産分与 と不動産所有権移転登記の手続き完全ガイド

クリックして離婚協議書を作成!

念書も離婚協議書も実質的に同じものです。公正証書化されていれば、どちらもより強い効力があります。

クリックして離婚協議書を作成!

不倫・浮気・暴力のようにどちらか一方に責任がある場合だけでなく、性格不一致やお互いの価値観の違いも離婚原因になります。

クリックして離婚協議書を作成!

配偶者と直接連絡をとりあわずに離婚協議を進めたいとご希望の場合は、代理人弁護士を立てるのが一般的です。当サイトでは、夫婦の年収、お子様の有無・親権者・面会交流の頻度、離婚理由、夫婦の共有財産といった条件を入力すれば厳しい条件交渉をしなくとも、離婚協議を完成させることができます。ただし、最終的な合意をするためには、連絡をとりあう必要があります。とはいえ、簡易な連絡であれば、電話やLINEで十分といえます。離婚協議自体に、代理人に依頼して必要経費が高くなることを回避したい方には、当サイトを活用することをおススメします。

クリックして離婚協議書を作成!

離婚協議書を作成するのは離婚届提出の前にするべきです。
離婚届を提出してしまえば、離婚は成立してしまいます。慰謝料などの金銭の支払いを確保するためには、離婚届の提出前に条件協議がなされているほうがスムーズです。
どうしても離婚したい側にとって、離婚届の提出前は様々な条件を受け入れるでしょうが、離婚が成立してしまえば、条件交渉が困難となるでしょう。
もちろん、離婚届の提出後、離婚は成立後に離婚協議をすることもできます。

クリックして離婚協議書を作成!

まず離婚するかどうかを話し合いましょう。離婚後の子どもの生活、財産分与、慰謝料を取り決めるのが、離婚協議です。

クリックして離婚協議書を作成!

養育費の算出については、最高裁判所「養育費・婚姻費用算定表」を根拠としております。

ご夫婦の年収、および、お子さまの年齢や人数によって養育費の金額の範囲が決定されます。

クリックして離婚協議書を作成!

公正証書

AIと契約webで出力できる離婚協議書は法的な権利義務を盛り込んだ効力のある書面です。
養育費が滞ったときに、迅速に強制執行をしてその履行を確保するためには、
公証役場にて公正証書にしておく必要があります。
公証役場との調整は慣れてないと時間ばかりかかってしまうので、
AIと契約webでは、公証役場と調整して公正証書にするための行政書士と連携しております。
ご希望であれば、連携する行政書士から費用の見積もりをお送りします。

クリックして離婚協議書を作成!

公正証書 は、公証役場で作ります。

下記のカテゴリーページにて各地の公証役場の一覧を掲載しております。

https://aitokeiyaku.com/archives/category/kousyouyakuba

当サイトを通じて、 公証人 と調整して 公正証書 を作成するために必要な専門家(弁護士・行政書士)へ費用の見積もりを取得することができます。

クリックして離婚協議書を作成!

当サイトでは、公証人 と調整して 公正証書 を作成するために必要な専門家(弁護士・行政書士)をご紹介いたします。

離婚協議書を公正証書で作成するには、当事者(ご夫婦)だけ公証役場に出向くことで足ります。

弁護士や行政書士は、事前に公証人 と調整して 公正証書の案文を用意しますので、立ち会うことはありません。

クリックして離婚協議書を作成!

ご夫婦で離婚協議書を作成されましたら、公証人に文言を確認してもらって、夫婦それぞれが実印を捺して公正証書を作ります。 当サイトを通じて、公証人と調整して公正証書を作成するために必要な専門家(弁護士・行政書士)へ費用の見積もりを取得することができます。

クリックして離婚協議書を作成!

当サイト「AIと契約web」について

子どもが4人以上いる場合の養育費の計算はどうすればいいのでしょうか?
当サイト「AIと契約web」で自動計算できる子どもの養育費は便宜上3人までとしています。

クリックして離婚協議書を作成!

当サイトでの無料相談はチャットボットに限ります。公正証書化するに際しては、専門の弁護士・行政書士をご紹介いたします。

クリックして離婚協議書を作成!

離婚調停や裁判

相手側が弁護士を立てて離婚協議をしてきた場合は、こちらも弁護士を立てての交渉も検討しましょう。

当サイトでは、離婚問題に詳しい弁護士をご紹介することもできます。見積依頼フォームにてご連絡いただければ、最適な弁護士をご紹介いたします。弁護士が報酬の見積を示した上で、有償で相談に乗ります。

クリックして離婚協議書を作成!

夫婦間での離婚協議がうまくいかなかった場合に、家裁の調停に進むものです。
その場合は、離婚協議書は作成しません。
調停や裁判の結果に従うことになります。

調停や裁判に向けたご相談は、離婚問題に詳しい弁護士が有償で相談に乗ることができます。
当サイトの見積依頼フォームにてご連絡いただければ、最適な弁護士をご紹介いたします。

クリックして離婚協議書を作成!

クリックして離婚協議書を作成!

離婚協議書 作成に向けた法的サポート

離婚専門家 のネットワーク

私どもは 離婚問題 に精通した 法律専門家 ( 離婚専門家 )のネットワークにより構成されています。裁判や調停に備えたご相談、 公正証書化 に向けた調整などをAIと契約webを構成する 離婚弁護士 ・ 離婚行政書士 が受任することもできます。

離婚
離婚

離婚弁護士 ・ 離婚行政書士 にご依頼いただく際には、専門家報酬の見積取得サービスをご活用ください。あなたにとって最適な専門家がスピーディーに対応いたします。

当サイトを通じて 専門家報酬 の見積取得をする際に、 ダウンロードした離婚協議書 が共有できるため、 離婚専門家 が 離婚協議書 を作るプロセスが大幅に削減できるため、 離婚専門家 報酬 が安く提供できることがAIと契約webの強みです。

クリックして離婚協議書を作成!

AIチャットボットが 離婚相談 

配偶者との離婚 は 人生の一大事ですから 離婚専門 の弁護士や 離婚カウンセラー と相談したい。

でも、 離婚したい と思って 離婚専門家 に相談しても解決に至るまでに、
弁護士に支払う報酬が高額で負担できない。
離婚カウンセラー が信頼できない。
といったハードルがあるのが現実です。

離婚当事者 のご相談をAIチャットボットが 離婚相談 を承ります。無料 です。

離婚したくて悩んでいるあなたに寄り添うために、日夜データを蓄積して学習しております。ぜひAIチャットボットに離婚相談しましょう。 相談は無料です。


画面右下のチャットウィンドウからご相談ください

深夜祝日も24時間! 協議離婚 の 相談可能

当サイトでは 離婚協議書 の自動作成・AIチャットボットの 離婚相談を実装しました。つまり、 離婚したい あなたの相談をいつでも承ることができます。

実際のところ、週末の深夜12時過ぎのアクセスが非常に多いです。深夜に 離婚する にはどうしようかと悩むあなたの味方です。

離婚関係コラム

自動作成による 離婚協議書PDF の提供だけでなく、 離婚専門家 による情報提供も行っております。