「子の連れ去り」が親権に与える影響

離婚協議では互いに親権を譲らず、夫婦間の関係がさらに悪化する場合も多いです。

無理矢理に親権を得ようと、相手の同意のないまま子供と実家に帰省してしまったり、学校などの下校を待ち伏せて連れて行くなどの「子の連れ去り」は親権争いにおいてどのように影響するのかを紹介します。

「子の連れ去り」は違法となる場合がある

離婚協議中においては夫婦両者が親権者となりますが、連れ去りに至る経緯や態様によっては未成年誘拐罪など刑事責任となりうる場合があります。

また、親権争いの際には監護する上での適合性に欠けているという判断となり、結果的に親権争いで不利に働く場合があります。

子供の安全のためだと証明できる必要がある

家庭内暴力やネグレクトなどが著しい場合など、子供の安全を確保するために相手の同意なく別居をする場合は違法性を問われない場合があります。そのためには「子供を置いたまま別居できない、子供に危険が及ぶ可能性を考慮できる証拠」が必要となります。DVなどを受けている場合は必ず記録、証拠を残しておくことが重要です。

このように「子の連れ去り」は子供の安全が守られている範囲では行われるべきものではありません。子供が板挟みになって苦しむことがないように、冷静な対応することが親権を得るためには重要です。