AIと契約webで離婚協議書を作成しましたら、
公正証書にして養育費などの履行を確保することをおすすめしております。

離婚協議書を公正証書として作成する意義

離婚した後に、養育費の支払いが滞るのはよくあります。
養育費の支払いが滞った際に、慌てて、訴訟提起して給与や資産の差し押さえをする。それは、大変なことです。

離婚協議書を公正証書として作成しておけば、
万が一、養育費の支払いが滞ったとしても、訴訟を経由せず、給与や資産の差し押さえができます。

もちろん、離婚協議書を公正証書となっていることで、相手方に確実に養育費の支払いを行うプレッシャーのなるでしょう。
離婚協議書の公正証書化を渋る相手もいるでしょうけど、
将来の履行を約束しないの??
と逆にプレッシャーをかけましょう。
そのためにも、AIと契約webで作成した離婚協議書をお役立てください。

静岡県の公証役場

静岡県の公証役場一覧です。

(更新日:2022年2月23日)

静岡公証人合同役場

〒420-0853
静岡市葵区追手町2-12安藤ビル3階
054-252-8988

沼津公証人合同役場

〒410-0801
沼津市大手町3-6-18住友生命沼津ビル5階
055-962-5731

熱海公証役場

〒413-0005
熱海市春日町2-9熱海駅前第二ビル3階
0557-82-7770

富士公証役場

〒417-0055
富士市永田町1-124-2EPO富士ビル2階
0545-51-4958

下田公証役場

〒415-0036
下田市西本郷1-2-5佐々木ビル3階
0558-22-5521

浜松公証人合同役場

〒430-0946
浜松市中区元城町219-21第一ビル2階
053-452-0718

掛川公証役場

〒436-0056
掛川市中央2-4-27中央ビル5階
0537-22-2304

袋井公証役場

〒437-0023
袋井市高尾1129-1 袋井新産業会館キラット 3階
0538-42-8412

離婚協議書を公正証書として作成する流れ

  1. 夫婦の戸籍謄本・印鑑証明書を準備
  2. 近隣の公証役場に夫婦で出向く(要予約)
  3. 公証人の面前で離婚協議書に署名・捺印
  4. 公証人手数料(1万円程度)のお支払
  5. 離婚届を市役所へ届出(夫婦のどちらかで可)

公正証書にする前に、改めて専門家に協議書の内容を確認してもらうことをおすすめします。