ドラマなどでよく取り上げられることから、一般の方は離婚の時にまず弁護士への依頼が頭に浮かぶでしょう。

けれど離婚に関する書類の作成に関して、行政書士に依頼するとさまざまなメリットがあるのです!

離婚問題を行政書士に相談する理由

より質の高い書類作成

行政書士の主な役割となるのが「書類作成」です。

弁護士は離婚協議書の作成などを業務の一環として行いますが、行政書士はこの書類作成業務に特化しています。

その結果、より高い専門性を活かして質の高い離婚協議書や公正証書に仕上げることができます。

費用を抑えつつ円滑な離婚が可能に

離婚する夫婦の半数以上が話し合いによって協議離婚を行っています。

その場合に必要となるのは「効力のある書類の作成」であり、弁護士にしか行えない「相手との交渉」は必要とならない場合がほとんどです。

そのため泥沼離婚でない限りは弁護士ではなく行政書士への依頼とすることで、費用も比較的抑えながら円滑な離婚手続きが可能となります。

行政書士の業務は多岐に渡ります。

その中でも離婚業務を得意とする行政書士事務所に依頼をすることで、夫婦の将来を見据えた質の高い離婚協議書の作成が可能となります。

書類が成果物となりますが、作成までのヒアリングを大切にしてくれる行政書士に依頼することが離婚への安心感に繋がるでしょう。

相談の前に離婚協議書の自動作成も

クリックして離婚協議書を作成!