夫が不倫の末、配偶者以外と肉体関係を持ち離婚に踏み切る夫婦は少なくないです。

ではもう何年も夫婦の営みのない「セックスレス」の状態が続いていた場合に「婚姻関係が破綻していた」とみなされ慰謝料に影響するのでしょうか?

そんな疑問を解決します。

結論「セックスレスでも慰謝料請求は可能」

セックスレスであっても、同居をして円満に夫婦関係を築いている家庭はたくさんあります。

そのためセックスレスを理由に配偶者以外と肉体関係を持つことは当然「不貞行為」となり、慰謝料請求の対象となります。

不貞行為の定義と慰謝料請求に有利となる「証拠」

不貞行為とは、本人自らの意思によって配偶者以外と性交渉を持つことです。

そのため脅迫されて至った肉体関係や、キス、手繋ぎなどのスキンシップだけでは証明が難しいことを知っておきましょう。

それでは本人自らの意思であることを証明するには何が必要か。

とても有力となるのが「浮気に前向きと読めるようなLINE等メッセージの画面」や「性交渉に至ったと推測できる行動記録」です。

特に行動記録の積み重ねが日常的な不貞行為の証拠となり、より慰謝料に有利となるでしょう。

ラブホテルへの入退記録やポイントカードなど、集められる証拠をコツコツ揃えることが重要です。

婚姻関係が完全に破綻していない限り、セックスレスの関係となっていても不貞行為における慰謝料請求は十分に可能です。

パートナーの怪しい部分に気付いてしまった時、まずは落ち着いて行動し、自身の意思をしっかり固めましょう。

クリックして離婚協議書を作成!