暴力や暴言を受けることをDVと呼ぶことは多くの方が認識していると思います。

では直接的な攻撃はないものの金銭的な支配によって生活が追い詰められた場合はどうでしょう。

これは亭主関白や嬶天下を超えて、現代では「経済的DV」と呼ばれます。

経済的DVの実態を紹介

経済的DVでは生活費が支払われないことも

結婚してからの稼ぎについては共同財産となり、夫婦は互いの同意の上でお金を管理することが基本となります。

そのため夫か妻、どちらかが家計を管理すること自体は何も問題がありません。

では夫が必要な分の生活費を一切家庭に入れず、妻に働くことすら許さなかった場合どうなるでしょうか。

妻は独身時代の貯金や両親、借金に頼らなければ生活ができなくなります。

このように金銭的に困窮させることで相手を追い込むのが、経済的DVの特徴です。

経済的DVにあった時の対処法

「パートナーが必要なお金を入れてくれない」それは攻撃としてしている場合もあれば、もしかすると度の過ぎたドケチの可能性もあります。

まずは生活費を記録した家計簿などを用意し、相手に必要な額を把握してもらいましょう。

それでも話し合いに応じずお金を入れない場合、それは立派な経済的DVにあたります。

本格的な離婚に向けてより有利な立場で進めるために、録音や録画、記録をしっかり残しておくことをおすすめします。

経済的DVは家庭内という非常にプライベートな中での問題なため、外部からは気付きにくいのが特徴です。

精神的に追いつめられてしまわぬうちに、早めに誰かに相談することが大切です。

クリックして離婚協議書を作成!