離婚といえば慰謝料

離婚をしたからといって、すべての場合で相手から慰謝料が支払われるというわけではありません。

不法行為によって離婚に至る原因を作った有責配偶者に対して、他方の配偶者が慰謝料の請求をすることができます。

慰謝料請求できる不法行為とは

民法で定められている慰謝料請求できる不法行為には、下記のようなものがあります。

不貞行為

不倫を行った側の配偶者や不倫の相手は、不倫の被害者側である配偶者に対して『精神的苦痛』を与えたものとされます。

暴力や悪意の遺棄

肉体的・精神的暴力によって肉体や精神に苦痛を被った場合、加害者に慰謝料を請求することができます。

一方的に家を出る、働かないなどの夫婦としての義務を意図的に守らずにいる行為も、配偶者に対して『精神的な損害』を与えたものとされます。

婚姻を継続し難い重大な事由

理由のないセックスレスや性的異常、宗教や信仰上の対立や過度な宗教活動、犯罪行為などが配偶者の意図的な行為により発生した場合、配偶者に対して『精神的な損害』を与えたものとされます。

慰謝料請求の流れ

一般的に慰謝料請求は、次のような手順で進んで行きます。

  1. 書面や口頭での慰謝料請求
  2. 調停での慰謝料請求
  3. 裁判での慰謝料請求
  4. 慰謝料の確定

離婚慰謝料の金額の相場は?

慰謝料請求と言うとすぐに裁判などと思いがちですが、弁護士に依頼すると弁護士報酬の支払いも負担になります。

離婚時の不貞における慰謝料請求に関して、離婚慰謝料の金額には相場もあります。離婚慰謝料の相場をベースにして、内容証明のやり取りや、当事者間での話し合いで解決することも多いです。

裁判になってしまうと時間も手間もかかってしまいます。

早く離婚して次の人生を踏み出せるように、専門家の指示を仰ぎ、きちんとした手順を踏んで、内容証明や示談書を作成し、公正証書の内容を決めるようにしましょう。

当サイトはAIで離婚相談無料

クリックして離婚協議書を作成!