離婚協議書自動作成サイト 愛と契約web は 離婚理由 も反映して、養育費 自動見積もり機能を備えた 離婚協議書 をかんたんに作成できるサイトです。入力されたデータを匿名化した上で、 結婚期間 と離婚の関係 について分析してみました。

今回検証したい仮説は

  • 結局どのくらいの期間結婚していれば安心してよいのか?
  • 結婚期間に応じて何に注意すれば良いのか?
  • 自営業の夫と結婚するときはどんな出来事に注意すれば良いのか?

の3本立てになります。

結婚期間と離婚の関係

結婚期間 と離婚の関係 分析手順について

どのくらい 結婚期間 があれば安心できると言えるのかについては、まずデータを 結婚期間 の長さで並び替えました。そして 結婚期間 が30日以上のデータを有効なデータとして扱い、 結婚期間 の長さについて

上位10%となるラインを、離婚率が低く安心できる結婚期間 上位20%となるラインを、それなりに安心できる結婚期間

としました。

このラインで全データを

  • 上位10%
  • 上位10%~20%
  • 下位80%

の3つに分割し、結婚期間に応じて何に注意すれば良いのかを確認しました。

また自営業の夫と結婚するときはどんな出来事に注意すれば良いのかについては、まず全データを

  • 夫が自営業である集団
  • 夫がサラリーマンである集団

に分割し、2つの集団について離婚理由の違いを確認して、どのような出来事に注意すれば良いのかを分析しました。

結局、どのくらいの 結婚期間 であれば安心してよいのか?

結婚期間と離婚
結婚期間と離婚

 

グラフの形状は結婚期間が長くなるにつれて子供の年齢が高くなっていることを反映した形になっていることが見て取れます。

まず上位10%について。こちらは1人目のデータの数についてそれなりの数のデータセットが取れたため信頼性は比較的高いと考えられます。

またこれは全てのデータにおいて言えることですが、22歳以上の子供を持つ家庭について離婚が発生している形跡はありませんでした。

子供が3人いる家庭のデータについてはそもそも子供を3人以上産んでいる家庭が多くない、もしくは単純な入力データ不足から信頼性のある情報は得られませんでした。

結論としては、一番若い子供が高校・成人・大学卒業といった節目を越す段階で夫婦仲が良好であれば、その後に離婚する心配はあまりないと言えます。

自営業の夫と離婚

自営業の夫と結婚するときはどんな出来事に注意すれば良いのか?

自営業の夫と結婚すると収入が安定せず、長期的な計画が立てにくいため、自営業の夫という属性のネガティブ面が強調されがちです。

その一方で下記のグラフには、自営業の夫と結婚するメリットが表れています。

まず夫が有責の離婚について、自営業とサラリーマンに分けて分析したグラフです。

夫が自営業の場合、夫がサラリーマンである場合に比べて浮気やDVを起こしにくいというデータが得られました。

「不倫 知り合う きっかけ」と検索すると、多くのページで一番上に「職場」と書かれていることから、サラリーマンは職場での出会いが自営業者に比べて多く、それにより浮気をする機会が多いと推測されます。

またDVの割合は、サラリーマンの場合に比べて半分程度と顕著に低い値が出ています。

こちらについては、自営業者は夫婦で力を合わせて働いているケースが多く、夫が妻の力に頼るような環境にある点、そしてサラリーマンは自営業者に比べて恒常的にストレスにさらされていることから、大きく差がついたものと推測されます。

 

こちらは有責配偶者が妻の場合のデータになります。

こちらでは先ほどとは打って変わって、夫が自営業者の場合に妻は浮気もDVもしやすいという結果となっています。

とはいえ目盛をご覧いただくとわかりますが、発生件数は有責配偶者が夫の場合の半分程度となっており、誤差レベルの差しかないという見方もできます。

強いて言うのであれば、サラリーマン夫の妻に比べて自営業者の夫の妻の方が、負担が重いと考えられるため、このような結果になっていると考えられます。

結論として、夫よりも妻のストレスが鍵となってくるため、自営業者の夫がいる家庭環境を良好に保つためには、夫が妻のストレスを注意深く観察してケアすることが重要であるといえます。

DVでお困りの際は、無料で相談を持ちかける機関として、警察や法テラスもご活用ください。

婚姻期間 自営業 離婚まとめ

  • 結局どのくらいの期間結婚していれば安心してよいのか?
    • 一番若いこどもが社会人になるまでの期間を超えていれば安心して良いでしょう。
  • 自営業の夫と結婚するときはどんな出来事に注意すれば良いのか?
    • 妻が仕事分担時のストレスを抱えすぎないよう、夫が注意深く観察しケアをすることに注意すると良いでしょう。

離婚することになった方は、

離婚協議書自動作成サイト 愛と契約web 無料作成へお進みください。

クリックして離婚協議書を作成!