モラハラ離婚について

 

モラハラとは?

 

モラハラとは、モラルハラスメントの略称です。良識とされる道徳・倫理(モラル)によって行われる嫌がらせ(ハラスメント)を意味する一般用語です。

 

家庭内で実際に暴力を振るわれるドメスティックバイオレンス(DV)と比較して定義すると、夫婦間のモラハラは、「パートナーの発言や行動による精神的な虐待や嫌がらせ」と説明することができます。

 

モラハラのケース

モラハラの特徴として、以下のような発言や行動をあげることができます。

パートナーの人格をおとしめるような発言をする

夫を周りから孤立させるためなら、平気で夫の人格を貶める発言をするのは、モラハラ妻 の特徴のひとつ。「実は浮気されているみたいなんです…」、「無駄遣いが多くて困っている」、「家事を一切手伝ってくれない」など、夫を貶めるような嘘を言いふらして同情を引き、周りを自分の味方につけようとします。

日常的に暴言を浴びせかける

モラハラ妻 は夫の欠点や家事のやり残しなどを目ざとく見つけてしまうことが多く、元々の性格に細かく神経質な面があります。常にネガティブなことを覚えていることもモラハラ妻の特徴で、新しい文句をつけるときにも「あの時もああだった、こうだった」というように過去の出来事を掘り返してくる傾向があるでしょう。

パートナーの意見や選択肢をまったく尊重しない態度をとる

モラハラ妻は自分が家庭内のピラミッドの頂点にいるので、夫からの気配りや親切もすべて「してもらって当然」という態度で受け止めます。モラハラ妻にとっては、それらの思いやりを周りが与えてくれないことのほうが問題なのであり、優しくされることは通常運転。そのため夫に対する感謝はなく、自分が常に正しいという思考回路から夫に謝ることもありません。

明らかに自分に非がある場合でもパートナーのせいにする

モラハラ妻の世界の正義は、常に「自分」。そのため「自分がやることはすべて正しく、夫がやることはすべて間違い」という図式がモラハラ妻の中ではもうすっかり定着しています。結婚生活で不都合なことが起こったときに、すべての責任を夫であるあなたに押し付けてくるのもこれが原因です。いつも自分が世界の中心にいるので、「良いことは自分の手柄、悪いことは夫の不手際」という感覚が当然のように染み付いているのでしょう。

2人きりのときにどんなに高圧的な態度を取るモラハラ妻でも、夫の友達や職場の同僚が一緒にいる場面では、しおらしく優しい献身的な妻を演じることが多いです。これはモラハラ妻のプライドが人並み外れて高いことが原因のひとつで、「理想の夫婦だと思われたい」「幸せな結婚生活を送っていると思われたい」という願望が、そのような外面の良さを生み出します。

日常的にパートナーの行動を監視したり異常な束縛を行ったりする

夫を周りから孤立させるためなら、平気で嘘をつくところもモラハラ妻の特徴のひとつ。たとえば夫の友達や職場の同僚に「実は浮気されているみたいなんです…」と相談を持ちかけたり、「無駄遣いが多くて困っている」「家事を一切手伝ってくれない」など、夫を貶めるような嘘を言いふらして同情を引き、周りを自分の味方につけようとします。

モラハラ妻は、夫を自分のコントロール下に置きたがります。夫が孤立して自分を頼らざるを得ない状況を作るために、夫が友達と出かけるのを禁止したり、実家と連絡を取ることに良い顔をしなかったりして、じわじわと夫の社会を狭めていくのです。

子どもに対してもパートナーのことを悪く言う

子どもは夫婦のかすがい。なのですが、子どもに対して、夫の悪口を常日頃言っているのが、モラハラ妻。子どもが モラハラ妻 の味方をしてしまい、夫に居場所がなくなります。

クリックして離婚協議書を作成!

モラハラ妻 の原因

夫をじわじわと苦しめる 嫁のモラハラ 妻のモラハラ 行為ですが、
なぜ妻はこのような行為をするに至ったのでしょうか。

モラハラ妻 になってしまう背景

子育てで忙しいがゆえにイライラしている妻がいます。
特に産後は女性ホルモンのバランスの影響から気分のアップダウンを感じやすくなることがあります。子育ての協力体制が不足している不満から夫にモラハラ行為に走ることもあります。夫への不満が溜まっているモラハラ行為の中でも常に夫に嫌味を言う、わがままや八つ当たりをする妻は、夫への不満が溜まっています。

モラハラ妻 が家族に与える影響

将来子どもが モラハラ の「加害者」or「被害者」になる

母親が父親を罵倒する姿を見せられて育った子は、「円満な家庭なんてない。夫婦は常に言い争うもの。」と理解します。その結果、将来子ども自身が親になった時、同じことをしてしまう可能性があるのです。モラハラ親 のようにパートナーを罵倒するのが当たり前と思いこみ、「モラハラの加害者」になる子もいれば、モラハラに耐え忍ぶ日常を当たり前に思い、「モラハラの被害者」になる場合もあるでしょう。

子どもの「自尊心」を崩壊させる

母親が女王で父親と子ども達はその召使い。モラハラ妻は、このような家庭内序列を構築してしまいます。「こんなことを言うと、またパパが怒られる。」、「ママの機嫌が悪くならないように、いい子でいなきゃ。」など、子どもは母親の機嫌を損ねないよう、常にビクビクしながら過ごさなくてはならないです。また、「あんなダメな父親の子どもなんて、本当に可哀そうね!」など、モラハラの矛先が子どもにまで及んでしまうと、事態はもっと深刻になってしまいます…。人格形成に重要な幼少期に、「自分はダメな子」、「必要とされていない子」、「愛されていない子」という負の意識が刷り込まれ、「自尊心」が崩壊してしまいます。

モラハラ妻 と離婚後の生活

これまで モラハラ妻 の言動に腹を立てたりビクビクしながら生活してきた夫。離婚をすれば解放されると思いきや、離婚後の孤独に耐えることが辛いと感じる男性もいるようです。たとえ理不尽なことを言われ続けていても、毎日そばに誰かがいるという安心感は大きかったと離婚を後悔してしまったり、これまで過剰に干渉されていたのが離婚によって誰にも干渉されなくなったりすることで逆に不安を感じてしまうこともあるでしょう。

モラハラ妻 といえども家のなかのことを妻がしてくれていたからこそ外で全力で仕事をすることができた、という人も。どのくらい家事を分担していたか、夫が家事をどのくらい苦痛に感じているかなど人によって違うのでなんとも言えませんが、離婚後は全て1人でしなければならず、家事の負担の大きさを身に染みて感じるようです。

モラハラ妻 と離婚後の子どもとの付き合い

元妻が子どもに会わせてくれなかったり、子どもには会いたいが妻と会うのが苦痛で子どもにも会えないことや元妻に罵倒される姿を子どもに見られたくないという理由で面会できなかったりする人もいるようです。面会交流の支援団体の力も借りたいところです。

面会交流を支援する面会交流支援団体とは

 

モラハラ夫

 

モラハラから離婚

 

モラハラを原因として離婚を申し立てることは法律的に可能です。

当サイト「AIと契約web」にて、あなたのための離婚協議書を作成してPDFをダウンロードしましょう。

クリックして離婚協議書を作成!

実際に離婚協議書をモラハラ夫(もちろんモラハラ妻も)に示すことで、離婚協議は大きく進むでしょう。

 

 

交渉がスムーズにいかないことも多いので、裁判所での調停ありきで進めましょう。

 

慰謝料の請求のためにもモラハラを立証できる証拠を事前に集めておきましょう。

無料で相談を持ちかける機関として、警察や法テラスも活用しましょう。