離婚協議書作成に際して決めておきたい協議事項

「なる早で離婚したい!」

そんな気持ちから離婚後の条件をしっかり決めずに離婚届を提出してしまう。その結果、養育費や慰謝料を相手に請求できない。離婚後の生活設計に失敗してしまう場合があります。

そんな離婚の失敗とならないために、離婚協議書作成の際して、必ず夫婦でしっかりと話し合う必要があります。

若年離婚で重要な親権

若年離婚の場合、手持ちの資産については熟年離婚などと比べて少なく、共働きの場合は口座を別々にしている場合も多いと思います。そのため財産分与に関するトラブルは比較的少ない傾向にあります。

子どもがいる場合は、まず親権はどちらが持つのか、離婚後の養育費はいくらか、離婚後の子どもとの面会交流について条件を決めておく必要があります。

AIと契約webではガイドにしたがって決定できます。

 

熟年離婚では財産分野

熟年離婚の場合、子育てを卒業して新たな人生のフェーズとして別れるケースが多いかと思います。子どもは独立している事がほとんどなため子育てに関する金銭トラブルは起こりづらいです。

夫婦の共有財産は、長い夫婦生活の間に複雑化しているため、財産分与や年金の分割については条件をしっかり整理する必要があります。

若年離婚と熟年離婚、どちらの場合にも互いに納得した条件で合意を交わしましょう。

公正証書で確実な支払い

合意した内容に法的な効力を持たせるために公正証書を行政書士などのプロに依頼して作成することが重要です。

AIと契約webでダウンロードした離婚協議書をご活用ください。